わたしの本棚
本の感想や日々のことなど
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |
映画「南極料理人」 / 文庫『バルサの食卓』
映画「南極料理人」を観てきました!

 映画HP

実際に南極観測隊員の料理担当だった
西村淳さんのエッセイ『面白南極料理人』が原作です。

面白南極料理人 (新潮文庫)面白南極料理人 (新潮文庫)
(2004/09)
西村 淳

商品詳細を見る


ペンギンもアザラシも、ウイルス(!)もいない、
日本から1万4千キロも離れた極寒の地「南極」。

その南極(ドームふじ基地)で、約1年半の間、
8人の男(研究者・医者・自動車会社の車両担当者)たちだけで
生活することになります。

何しろ場所が場所なので、
食材は、凍っても大丈夫なもの(=冷凍食品、乾物など)が中心。
ドーム内で、かいわれ大根やモヤシを栽培するものの
新鮮な野菜や果物はナシ。

そんな状態の中で、
堺雅人さんが演じる西村さんが、

・イセエビを使ったエビフライ

・分厚いローストビーフ

・中華料理

・仏料理フルコース


などを鮮やかに作ってしまうのでビックリ☆

ちなみに、おにぎり・お刺身・ラーメンなども登場します。

私の中では、
堺さんは「山南さん」(NHKの大河ドラマ『新撰組!』より)のイメージが強いので、
いつも家では堺さんのことを「ヤマナミさん」と呼んでいますw

そんな“ヤマナミさん”の演じる西村さんが、
隊員たちにとって、
どんどん「おっかさん」的な存在になっていくの面白い(笑)

最後の方は、
割烹着スタイルで、一番若い隊員のジャージを履いて
みんなの朝食の準備をしているのですが、

それがまるで、

「大学生の長男の高校時代のジャージを着ながら台所仕事をするオカン」

って感じで笑えました(^m^)ププ

南極という極限の環境にいながら、
ストーリーは、
むしろ、「のほほん」とした感じで進んでいき、
クスっと笑える場面も随所に登場します。

料理の場面には相当力を入れているみたいで、
それが画面からも伝わってきました。

私の後ろで観ていた女性も
「美味しそう・・・」
と思わずつぶやいていましたよ(笑)

南極といったら「タロとジロ(by南極物語)」
のイメージが強いですが、

「南極料理人」は、
別の視点から南極を楽しめるので、お勧めです☆

-------------------------------------

さて、この映画の原作者が関わっている本が、
最近刊行されました。

バルサの食卓 (新潮文庫)バルサの食卓 (新潮文庫)
(2009/07/28)
上橋 菜穂子チーム北海道

商品詳細を見る


『精霊の守り人』をはじめとした
「守り人シリーズ」や『獣の奏者』など人気児童文学を生み出した、
上橋菜穂子さんの作品に出てくる架空の料理を
現在手に入る食材を使って再現してみよう!

という本です。

(“チーム北海道”の中に、南極料理人の西村さんがいます)

読んでいると、確実にヨダレが垂れてきます(笑)

上橋さんの作品については、
もー、語りたい事がたくさんあるのですが、
恐ろしく長文になってしまうので、
またの機会にしたいと思います







スポンサーサイト
【2009/09/03 20:48】 映画 | TRACKBACK(-) | COMMENT(1) |
映画「マンマ・ミーア!」
映画「マンマ・ミーア!」を観てきました!

http://www.mamma-mia-movie.jp/

いやー、観終わった後に気分爽快になりました(^▽^)!!!

あらすじは、
シングルマザーに育てられた娘ソフィが、
自分の結婚式に「父親候補の3人」を呼んでしまって、さぁ大変!という内容です
(ソフィは母親の日記を読んで、 同時期に知り合った3人の男性名前を知ったのです)


ちょっとそれどーなの!?的な内容ですが、
もう、そんなことは関係ないくらいに、明るく、カラッとしていて、
ともかくABBAの音楽が満載

舞台はギリシャの小島らしいのですが、
景色もすっごく美しいです☆

そして、なにより、歌とダンスが最高ー(≧∇≦)

ソフィ役の「アマンダ・セイフライド」は、歌がすんごく上手い!
洋画に疎い私は、この女優さんを知らなかったのですが、
有名なのかしら?
キュートで繊細なソフィの役にピッタリ☆

そして、お母さんドナ役のメリル・ストリープと、
その親友役の2人のおばさま達の
アクティブな動きと素晴らしい歌声に魅了されましたw

足とかすんごい上がるし、若いわー!

ちなみに、この映画は久々に1人ではなく母と一緒に観にいったのですが、
映画を観終わったあと、

「もし、3人のおばさま達の役を日本人の女優が演じるとしたら誰がいいか」

という話題になりました。

そして、話し合い(?)の結果、

 メリル・ストリープの役=「前田美波里」

 背の高い親友の役=「夏木マリ」

 背の低い親友の役=「市原悦子」


とキャストが決まりました(笑)

「家政婦が見た」でおなじみの市原悦子のキャスティングは
意外に思われるかもしれませんが、
母曰く、

「市原悦子って、実は歌がとても上手なのよ!」

なのだそうです(それはちょっと意外・・・)

実は映画を観る前日に、
ちょこっとウェッティーな気持ちになる出来事があったのですが、
映画を観た後は、ウェッティーな気持ちは吹き飛んで、

ゆぅ~きゃん だぁーんす! ゆぅ~きゃん じゃぁーいぶ

とノリノリで踊りたくなりましたよ☆
(さすがに映画館では、人目があるのと、体が硬いので実際には踊れませんが:笑)

元気が出る映画です♪

さー、良かったら、ご一緒に歌いましょう!(笑)



---------------------------------------------------------------

<追記>2009.2.15

「マンマ・ミーア!」のCD買っちゃいました

Mamma Mia! [The Movie Soundtrack]Mamma Mia! [The Movie Soundtrack]
(2008/07/08)
Perra Moraeus、

商品詳細を見る


日本盤(=日本語の歌詞カード付き)のもありましたが、
輸入盤の方が安かったので、そちらを選択☆

のりのりで聴いていますw

そうそう、メリル・ストリープのインタビュー記事を見つけました!

http://movies.yahoo.co.jp/interview/200902/interview_20090202001.html

インタビューの受け答えからも素敵な女性だというのが伝わってきます♪


【2009/02/08 22:08】 映画 | TRACKBACK(-) | COMMENT(4) |
「きつねと私の12か月」(ネタバレです)
更新がずいぶん滞っていました( ̄▽ ̄;)>

さて、この間、
映画「きつねと私の12か月」を観てきました。

オフィシャルブログ→こちらです

<あらすじ>

学校の帰り道に1匹のキツネと目が合った10歳の少女リラ。
キツネの美しさにすっかり魅了されたリラは、きつねと友達になりたいと思い、
足繁く森に通います。

最初は警戒していたキツネですが、
そのうち、リラの前に姿を現すようになり、1人と1匹は「友達」といえるほどに仲良くなります。

リラはキツネに「テトゥ(おちびちゃん)」という名前をつけました。

でも、人間と野生動物の間には超えられない一線があり、
そのことに気付かなかったリラは、
あるとんでもない失敗をしてしまうことになります・・・。



ここからはネタバレになります



[READ MORE...]
【2009/01/22 14:23】 映画 | TRACKBACK(-) | COMMENT(6) |
「崖の上のポニョ」(ネタバレです)
先日、楽しみにしていたジブリ映画 『崖の上のポニョ』 を観てきました☆



以下、ネタバレがあります!







新作はCGを用いず手書きにこだわっているとのことですが、
確かに今までのジブリの作品と、ちょっと違う感じ。
水彩画で描かれた絵本のような趣があります。

ストーリーは、一言で言うと<ハッピーエンドな「人魚姫」>でしょうか。
でも、理解しがたい部分もあって・・・。

主人公の宗介と同じ5歳の子どもにもわかるストーリーだとは思うのですが、
大人視点で見ると、あちこちに「宮崎監督の思惑」が散りばめられているような気がします。

主人公の2人についての感想は・・・

(1) 宗介

宗介は、たった5歳にして「ブレない心」を持っている男の子です。

船乗りの父親が帰る約束を反故にしたため、母親リサが落ち込んでいるときも、
宗介は、それほど落ち込む様子を見せずに、
冷静に父親に「無事を祈る!」と信号を送っています。

そしてポニョを拾ってからは、ポニョを大切な存在として守り抜こうとして、
最終的には、
「金魚のポニョも、半魚人のポニョも、人間のポニョも、好き!」
とポニョのお母さん(=グランマンマーレ)に迷いなく言い切ります。

すっきりしていて、見ていて気持ちいいくらいでした(笑)


(2) ポニョ

一方ポニョは・・・
私はポニョの中に「激情タイプの女の性」を感じました( ̄▽ ̄;)>

パンには目もくれず、ハムが大好きな肉食のポニョ。

動物の中にも、メスの方がオスより獰猛というのがいますよね。
たとえばライオンはメスが狩りをしますし、
蚊も、血を吸うのはメスですし。
(もちろん、両方とも生きるためにメスが動かざるを得ないという事情がありますが・・・)

そして、宗介の保育園の友達に水を吹きかけるポニョ。

ふりふりのスカート姿の女の子が、宗介が隠していたポニョを見つけたときに、
「可愛くない!」と言い放ち、ポニョは水を吹きかけ、女の子を泣かせます。

どうやら宗介は保育園でモテるみたいなので、
(=宗介が登園すると2人の女の子が「そーちゃん♪」と駆け寄るから)
女の子に対して、ポニョはライバル心を抱いたのかもしれません。
(宗介はあんたじゃなくてポニョのことが好きなのよ!って感じで^^;)

そして、
「そーすけ、すき!」「そーすけに会いたい!」
と、津波の上を宗介のもとへとひた走るポニョ。
このシーンは圧巻でした。
まさに海が生き物みたいになって・・・

「女の一念、岩をも通す」ならぬ「女の一念、海をも動かす」という感じでしょうか(笑)

ちなみに、
「ポニョ」という名前は宗介がつけたもので、
ポニョの父親(=魔法使いフジモト)は、ポニョのことを「ブリュンヒルデ」と呼んでいます。
この「ブリュンヒルデ」は、
ワーグナーの楽劇にもなった北欧神話「ニーベルングの指輪」の登場人物からきているらしいですね。

私は「ニーベルングの指輪」の話を知らなかったので、
ちょっと調べたところ、
「ブリュンヒルデ」=「オーディン(神)とエルダ(女神)の娘」と言うことがわかりました。
そしてジークフリート(人間)と出会い、恋に落ち、結婚するそうです。

ブリュンヒルデについて→こちら

神の娘で、最終的に人間と結ばれるというのはポニョも一緒ですね。
ついでに、「ブリュンヒルデ」は、
父親の怒りを買って焔の中で眠り続ける罰(=“眠り姫”状態)を与えられます。
そのせいか、ポニョも物語の中でしょっちゅう眠りこけています(^^;)
(幼い子どもだから、すぐに疲れて寝てしまうのかもしれないですけどね)

そんな風に「ニーベルングの指輪」になぞらえながらストーリーを見ていくのも面白そうですが、
私がこの映画を観て思ったのは、

真っ直ぐな気持ちで人を好きになり、
「その人を守りたい」と強く願いながら行動したとき、
その純粋な心・愛情から<魔法>は生まれる


ということでした。

「大好きな人を守ってあげたい」という気持ちが、
時に、思いがけない力を生み出したりしますよね。
それは、恋人同士でも、親子でも。

そんなメッセージも、この映画には込められているのかなと思いました。

ただ、同じ子ども向けのジブリ作品としては、
『となりのトトロ』の方が、“わかりやすさ”では上なんじゃないかなー( ̄▽ ̄;)>

私の中のジブリランキング・ベスト3(※)には、『崖の上のポニョ』は、
どうやら入ってきそうにないです・・・

※1位『となりのトトロ』
  2位『千と千尋の神隠し』
  3位『魔女の宅急便』


でも!
『おもひでぽろぽろ』のように、最初に観たときは「?」でも、
後で見たときに「!」と良さがわかる作品もあったので、
『崖の上のポニョ』も、何度か観ていくうちに、その良さが伝わってくるのかもしれませんね。

一度観ただけではわからない謎のシーンもいくつかありましたし。


とりあえず、
ポ~ニョ、ポ~ニョ、ポニョ、魚の子
の歌は、しばらく脳内に流れていそうです(^▽^;)



【2008/07/31 23:31】 映画 | TRACKBACK(-) | COMMENT(4) |
「ミス・ポター」(※ネタバレあります)
今週は月一のアレにより、会社を休んでしまいました( ̄▽ ̄;)>
貧血で起き上がれない上に、
今回は頭痛も加わって、池からとび出た鯉みたいな状態でした

その余波が残っていたのか、
今週は、通勤帰りの電車の中で爆睡。
(行きは体が緊張してるせいもあって、座れたとしても眠れないんですよね)

気付いたら、座ったまま前のめりの姿勢になり、
髪がバサーっと前に下がった状態でした。

・・・・我ながら 「貞子」 のようだと思いました。
(貞子よりは髪短めですが:笑)

周りの人の頭の中には「くる~、きっとくる~♪」の音楽が
かすかに流れた・・・かもしれません(笑)

------------------------------------------------

それはさておき、
ちょっと前の話になるのですが、映画「ミス・ポター」を観ました。

あの有名な「ピーターラビット」の作者の半生を描いた映画です。

ここから、ちょっとネタバレあります(↓)


[READ MORE...]
【2007/10/21 01:07】 映画 | TRACKBACK(-) | COMMENT(2) |


PROFILE
朝凪(あさなぎ)
  • Author:朝凪(あさなぎ)

  • 本棚を整理していたら、
    子どもの頃に読んでいた
    懐かしい本が見つかりました。
    それらの本の紹介や、
    日々のことなどを、
    少しずつ綴っていきたいと思います。


    スパム系のコメントが増えているため、
    コメント欄を承認制にさせていただきましたm(__)m
  • RSS



  • -天気予報コム-
    CALENDER
    09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 東日本大震災(04/10)
  • 『獣の奏者 外伝 刹那』(上橋菜穂子・2010/09)(01/16)
  • 東村アキコ作品が面白い!(10/23)
  • 『Good Job』『新Good Job』(かたおかみさお/講談社)(09/28)
  • 衝動買い(09/19)


  • RECENT COMMENTS
  • 朝凪(あさなぎ)(06/03)
  • ちい(05/31)
  • 朝凪(あさなぎ)(05/30)
  • 朝凪(あさなぎ)(05/30)
  • ちい(04/09)
  • まりあ(03/23)
  • 朝凪(あさなぎ)(01/28)


  • RECENT TRACKBACKS
  • ほのぼの日記~by.ぷっちぃ~:「お気に入りの音楽なんですか?」TB祭りに参加♪(02/01)
  • 派遣OLはねちゃのグータンな生活:TB企画「お気に入りの音楽なんですか?」(02/01)
  • koba Diary+:TB企画「お気に入りの音楽なんですか?」に参加!(02/01)
  • [OL主婦の家事と美容の暮しレシピ]:好きな音楽TB祭り!(02/01)
  • kotskots日記:「お気に入りの音楽なんですか?」祭りに参加させてください~!!(01/30)


  • ARCHIVES
  • 2011年04月 (1)
  • 2011年01月 (1)
  • 2010年10月 (1)
  • 2010年09月 (2)
  • 2010年06月 (1)
  • 2010年05月 (1)
  • 2010年04月 (2)
  • 2010年03月 (2)
  • 2010年01月 (1)
  • 2009年12月 (3)
  • 2009年11月 (1)
  • 2009年10月 (4)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (3)
  • 2009年07月 (2)
  • 2009年06月 (2)
  • 2009年05月 (3)
  • 2009年04月 (5)
  • 2009年03月 (2)
  • 2009年02月 (2)
  • 2009年01月 (2)
  • 2008年12月 (3)
  • 2008年11月 (5)
  • 2008年10月 (2)
  • 2008年09月 (4)
  • 2008年08月 (6)
  • 2008年07月 (4)
  • 2008年06月 (4)
  • 2008年05月 (4)
  • 2008年04月 (3)
  • 2008年03月 (6)
  • 2008年02月 (2)
  • 2008年01月 (4)
  • 2007年12月 (5)
  • 2007年11月 (4)
  • 2007年10月 (8)
  • 2007年09月 (6)
  • 2007年08月 (6)
  • 2007年07月 (8)
  • 2007年06月 (1)
  • 2007年05月 (5)
  • 2007年04月 (6)
  • 2007年03月 (6)
  • 2007年02月 (5)
  • 2007年01月 (6)
  • 2006年12月 (9)
  • 2006年11月 (5)
  • 2006年10月 (5)
  • 2006年09月 (5)
  • 2006年08月 (6)
  • 2006年07月 (4)
  • 2006年06月 (2)
  • 2006年05月 (5)
  • 2006年04月 (5)
  • 2006年03月 (5)
  • 2006年02月 (8)
  • 2006年01月 (8)
  • 2005年12月 (6)
  • 2005年11月 (3)
  • 2005年10月 (5)
  • 2005年09月 (4)
  • 2005年08月 (8)
  • 2005年07月 (1)
  • 2005年06月 (5)
  • 2005年05月 (4)
  • 2005年04月 (4)
  • 2005年03月 (5)
  • 2005年02月 (7)
  • 2005年01月 (5)


  • CATEGORY
  • 写真館 (1)
  • 健康 (38)
  • 児童書以外の本 (17)
  • 未分類 (7)
  • 児童書 (41)
  • 映画 (12)
  • 日々のこと (141)
  • クッキング (23)


  • LINKS
  • beau temps×chocolum(kanamiさん)
  • 節約どれだけできるかな?(kanamiさん)
  • 徒然なるままに・・・(Mariaさん)
  • ほのぼの日記(ぷっちぃ~さん)
  • のほほん*style (はるるさん)
  • kotskots日記(はるるさん)
  • 雪国日記(ちいさん)
  • ほのぼの文庫(まざあぐうすさん)
  • Everyday Happylife!(naoさん)
  • ポンポコの日常と雑念の記録(ポンポコさん)
  • 「記憶と記録」


  • SEARCH




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。